建学の精神

建学の精神

松山東雲中学・高等学校は1886(明治19)年に四国では最初の女学校として創立された、長い伝統と歴史のある学校です。
創立者二宮邦次郎の志である本校の建学の精神は、「キリスト教の信仰に人格形成の基礎をおいた女子教育を行う。」ことであり、この精神は現在も校訓として継承されています。

高遠なる理想高い理想をかかげて歩むこと
敬虔なる信仰神様に祈る生活をすること
真摯なる努力つねに、努力をおこたらないこと
清純なる愛情隣人への愛を忘れないこと
私心なき奉仕人の役に立つことをすすんでおこなうこと

校章

校章は、松山東雲の松にちなみ、松葉で三つ葉のクローバーを図案化したものです。

内側は、徳・知・体を表し、外に、キリスト教の信仰・希望・愛を表しています。
 大正7年に制定されました。